テクニックや豆知識

ノンアダルトチャットでも本当に稼げるの?ネットに書かれない真実

チャットレディで高収入を稼ぎたいと思いつつも、アダルトチャットはちょっとなぁ……という方へ。

ノンアダルトチャットでも稼げるっていう記事が求人サイトやチャットレディ紹介サイトに多くありますが、本当に稼げるのかどうかは分からないでしょうし不安ですよね😓

この記事では、

  • 求人サイトやチャトレ紹介サイトに書かれない真実
  • いくらくらいノンアダルトチャットレディが稼げるのか

この2点について詳しくお話したいと思います!

ノンアダルトチャットレディの応募をする前にぜひ読んでみてください😃

ノンアダルトチャットレディの平均時給

チャットレディの時給はいくらくらい?日本一分かりやすく徹底解説!」という記事で詳しく説明していますが、ノンアダルトチャットの時給は1,800円~3,600円くらいとなっています。

これが現実的な数字であり、もしも求人サイトやチャットレディ紹介サイトに『ノンアダでも時給1万円以上可能!』と書かれていた場合は間違いなく嘘です。
誇張しすぎだと言えるでしょう。

もちろん複数のお客さんとチャットをできるパーティチャットで10人以上とチャットし続けられれば時給1万円も可能ですが、私が見る限りそんなチャットレディは存在しません(笑)

良くても5人前後という状態ですが、ノンアダルトチャットはほとんどがパーティチャットではなく2ショットチャットばかりが成立している状態なんです。
2ショットばかりな理由はこのあと説明します。

ノンアダルトチャットも実際はエロ客ばっかり

アダルトチャットとノンアダルトチャットに分かれてるくらいですので、しっかりとお客さんも理解してるって普通は思ってしまいますよね。

でも、違うんです。

ノンアダルトチャットに来ているお客さんも、実際のところはアダルトなリクエストをしてくるお客さんばっかりとなっています💧

私はFANZAライブチャットの「おちゃ」と、「ライブデゴーゴー」の2つのノンアダルトサイトを利用したことがありますが、100%エロ客に当たります。

パーティチャットはサイトの監視が厳しいが2ショットは…

「サイト側に止められないの?!」と思うかもしれませんが、ノンアダルトチャットにおいてサイト側がアダルト行為に関して警告を入れてくるのはパーティチャットのときだけ

たとえばお客さんにエッチなリクエストをされて、パーティチャットで下着を露出してしまうとサイト側からチャット画面に警告文が表示されてしまいます。

しかし、2ショットチャットになった途端、チャットレディが下着を見せつけようが、おっぱいを露出しようが何も言われなくなってしまうんです。

お客さんも2ショットチャットならサイトの警告が来ないことを分かってるからこそ、2ショットチャットに誘導してきます。

チャットレディで稼ごうと思った場合は、パーティチャットで多くのお客さんと同時にチャットをすることが必須。
でも、ノンアダルトチャットにおいてはパーティチャットをしたがるお客さんが少なすぎて限界があります。

サイトのシステム上、仕方ないとも言える

ライブデゴーゴーを例に挙げると、パーティチャットは80円、2ショットチャットは100円です。

たった20円の差しかなければ女の子を独り占めできる2ショットチャットに誘導して、あわよくばエッチなこともしてもらうって思って当然ですよね。

私が男でも同じようにすると思います(笑)

だって、アダルトチャットだったらパーティチャットで100円から150円、2ショットチャットなら200円以上します。
これがノンアダルトチャットレディにエッチなことをしてもらえて、半額で済んじゃうんですからね😓

完全なノンアダルトはないと思っておくべき

ノンアダルトチャットといえ、2ショットチャットになるとお客さんは普通に「おっぱい見せて」「パンツ見せて」「オナニーして」と好き勝手リクエストしてきます。

もちろん、ノンアダルトチャットなので応える義務はありませんし、お断りしてもらって問題ないですが、断るのも力使うし疲れちゃいますよね💦

ちなみに、女の子側に対するリクエストだけでなく、普通にち〇こを見せつけてくるお客さんも大勢います…
見られることに興奮するのでしょうが、そんなもの見たくありませんよね。。

一応サイト側に男性側の映像を暗くするモザイク機能が搭載されていますので、イヤなものをずっと見せつけられるということはありません。

このように、チャットレディの仕事上、完全なノンアダルトチャットはないと思っておいたほうが良いでしょう。

LINEライブとかツイキャスのような健全なものだと思って登録したら、実際はエロ客ばかりだった…となってしまうとショックを受けてしまうかもしれないからです。

稼いでるノンアダルトチャットパフォはエロリクに応えている現実

ここまででノンアダルトチャットが実際にどういうものなのか分かってもらえたと思いますが、ノンアダルトチャットで稼いでいるチャットレディは実際のところ普通にエッチなリクエストに応えています。

「それならアダルトでやったほうが稼げるでしょ!」と思うかもしれませんが、ちょっとだけ違うんです。

あくまでもノンアダルトチャットなので、アダルトチャットよりはソフトな内容で済みますし、イヤなことなら断れるという高い自由度があります。

ちなみに私はお客さんとして1度だけパーティチャットで8人くらい集めているチャトレさんの配信に自腹を切って入ったことがあるのですが…
内容としては、バスタオル1枚を身体に巻いてるだけの格好で普通にお喋りしていました(笑)

ノンアダといえども、稼ぐためにはこれくらいやる必要はあるということです。

まとめ

ノンアダルトチャットの事実まとめ
  • ノンアダは2ショットばかり
  • 2ショットはサイト監視が緩くてエロリクオンパレード
  • ノンアダで稼ぐなら微エロは必須

いやいやリクエストに応えたりする必要はないですし、あまりにもしつこいお客さんはBANといって強制的に退室させることができるのでその機能を使えばOKです。

私がノンアダルトチャットに挑戦したときは10人いたら9人は2ショットに誘導されて、エッチなリクエストをしてくる人たちでした(笑)

でも、それなら普通にアダルトチャットでパーティしてるほうが断然稼げるよなぁってことなんですよね。

ノンアダルトチャットでエッチなリクエストに応えるのは本当にもったいなさすぎです。

ということで、求人サイトが書かないノンアダルトチャットの事実でした!
参考にしてみてくださいね!